So-net無料ブログ作成

永遠の…おやすみなさい。 [健康]

6月20日の早朝に、左京は目覚めることのない眠りにつきました。
あと10日で5歳の誕生日を迎えるはずだったのにね。こんなにも早く、お月さまへと旅立って行ってしまいました。

原因は、前にも書きましたが極度の貧血とそれに伴う腹水。
まだ診療途中で確定の病名ではありませんでしたが、先生は自己免疫性溶血性貧血かもしれないとおっしゃっていました。
抗体が出来て、自身で赤血球を破壊していってしまう怖い病気です。
犬や猫では症例も多いけれど、うさぎさんには珍しい病気だそうです。どうして、左京がこんな病気になってしまったのかは分かりません。

ただ、左京は最後まで生きようとがんばりました。
どんなにぐったりしている時でも、体力をつけるためにちゃんと食事をしてくれました。
頑張って、薬もぜんぶ飲んでくれました。
亡くなるほんの少し前にも、私が差し出した大葉をぱくりと口にくわえてくれました。
……でも、その時は食べる力がもうありませんでした。

最期は、私の腕の中で小さく「きゅうっ」と鳴いて亡くなりました。
甘えん坊の左京だから。誰もいない時ではなく、私が看取ることが出来たことだけは良かったと思います。

もうすぐ5歳の誕生日だった左京。
永遠に4歳のままの左京。
とってもとっても頑張った左京。なのに助けてあげられなくてごめんね。
でもね、左京がいてくれて、私はとても幸せでした。

もう、痛いところも苦しいこともなくなったよね。
ゆっくりとやすらかに眠って。……おやすみなさい、左京。
目が覚めたら、きっとお月様だよ。
nice!(2)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

通院中 [健康]

現在左京は通院中です。
頻繁にお腹の音が鳴るので、心配になって病院に連れて行ったのが最初です。
●の大きさや量には変化はなかったけど、離れていても聞こえるくらいに「ぐるぐるぐる~」って鳴るんですよ。
だからガスが溜まっているのかなと心配で……。

まずはうんち検査。触診。どちらも異常なし。
ただ、レントゲンを撮ってみると、普通であれば内臓の輪郭とかも見えるはずなのに、ほぼ見えない。
先生の話では、腹水がたまっているか腹膜炎か……とのことでした。
とりあえず、炎症の疑いということで、抗生剤と胃腸の働きを良くするお薬をもらって1週間の様子見でした。

そして1週間。昨日、改めて病院に行きました。
体重は増えているのに、撫でた感じは明らかに以前よりも痩せて感じる(ごつごつ骨が当たる)ので、それも先生に相談しました。

レントゲン。先週と同じ。改善が見られず。
触診、異常あり。胃がちょっと硬くなっている。まぶたの裏が白い。耳も白い。歯茎も白い。貧血の疑いあり。
血液検査をしてみましょうということで、血液を採ることに。
……足の血管が何度やっても出てこない。耳の血管も薄くて見つかりずらい。相当血流が悪いとのことでした。
でも、さすがにエキゾ専門のお医者様。なんとか血液を採取して、検査結果待ち。
その間にお腹の毛を刈って、エコー検査をしました。

血液検査の結果、極度の貧血との診断。
アルブミンやグロブリンに関しては何と「0」という数値。ヘマトクリット17.5%(通常は30~50%)。血小板は18.2(通常は29~65)。その他ほとんどの値において、基準値を大幅に下回り、完全な貧血状態。
本当なら輸血をしたいくらいだが提供者がいないとのことで、造血剤の注射をしました。
これから週に1回はその注射をしていきます。

また、エコー検査ではかなりの腹水が溜まっているのが見えました。
内臓が腹水の中にぷかぷか浮かんでいる感じ。たぶん体重が増えているのは肉ではなく腹水の重さなんだろうな。
血液が薄くなっているために、水分が体内に出て行って腹水がたまってしまっているとのことでした。
うさぎはステロイドに弱いので本当は使いたくないが、それを言っている場合ではないとのことで、ステロイドを飲ませていくことになりました。

現在は5種類の粉薬と1種類の液体サプリ(鉄分)。そして医療補助食のベジタブルサポートを与えています。
左京はそれらを野菜に振りかけると食べてくれるので助かっています。

いつ何が起こってもおかしくないと、お医者様には言われました。
でも、左京なら大丈夫。しっかり食べて、お薬も飲んで、元気に長生きするんだもの。
あと2週間で5歳。まだまだ若い! 大丈夫!

130616.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

毛球症を予防しよう☆ [健康]

ここのところ毎日のブラッシングで大量に毛が抜けるようになりました。
換毛の時期だなぁと思い、いつも以上にブラッシングをしっかりとしています(^-^)
左京はブラッシング自体は嫌いじゃないのだけど、ラバーブラシがあまり好きではないので、いつも豚毛ブラシで梳かしているんですけれど、それだと毛が飛び散るし、きりがないし、とても大変(>_<)
そんな話をしたら、猫を飼っているお友達から『ピロコーム』を紹介してもらいました。
お友達の家の猫ちゃんが使っているらしいのだけど、ウサギも大丈夫だと思うよとのこと。
1007-001.JPG
なので、さっそく買ってきました~♪
持ち手が変わった形だけど、とても握りやすいし、櫛の部分も柔らかくて、これなら左京も平気そう(^-^)

ということで、さあ、ブラッシングだよ♪ 毛球症を予防しないとね☆
むむむぅ☆

初めて見るブラシだからか、ちょっぴり尻込みする左京をなだめながら、いざブラッシング!
すると……
1007-003.jpg
びっくりしました[exclamation×2]
さ~っと軽くひと梳きしただけなんだけど、こんなに取れるうえに飛び散らないんですもの。
左京も嫌がらずにスンナリやらせてくれたので、痛くもないようです。
これなら今までもよりも楽にブラッシングが出来ます♪
はい。じゃあご褒美ね☆
1007-004.jpg

ついでに体重を量りながら、ご褒美のさくらんぼちゃん。
今日はお口を汚さずに綺麗に食べられました(笑)
また明日も頑張ろうね♪


ポチっとお願いします~。励みになります[かわいい]
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

大換毛 [健康]

ここ数週間、左京はだらだらと換毛が続いています。
実は左京。こんなに大換毛になったのは初めてなのです。
去年の今頃はまだ赤ちゃんだったし、今年も夏毛に変わる時の換毛はホントに簡単で、ちょこちょこ抜けるだけの換毛だったんです。
うさ友さんと換毛の会話をするとよく出てくる『引っ張ると毛がごそっと抜ける』という現象を、私はまだ経験したことがなかったんです。
ところがこの秋の換毛シーズン。それを経験することに……(^-^;)
普段は毎日5分程度のブラッシングで済んでいたのだけど、今は30分ほどかけてブラッシング[あせあせ(飛び散る汗)]
換毛^^;
それなのに、毎日これと同じくらいの毛が抜けます。うーん。初めての経験なのでオドロキです☆

20分を過ぎたあたりからは、左京も「もうやめて~[たらーっ(汗)]とばかりに私の手をペロペロ舐めるのですが、毛を呑み込んじゃうことを考えるとやめるわけにもいかず。
何とか宥めながらやっています(^-^;)
そんなふうに毎日頑張ってブラッシングを我慢してくれているので、今日はご褒美に美味しい美味しい、甲府の葡萄ちゃんを左京に買って来てあげました♪
10粒で400円という、けっこうなお値段の葡萄ちゃんです(笑)
ごほうび♪
本当は食べる前にちゃんと葡萄の写真を撮ろうと思っていたんだけれども、置いた瞬間。さっと左京が跳んで来て食べ始めちゃいました(笑)
もう、疾きこと風の如く、がっつくこと火の如しですわ(をい)
これは……

うん? どうしたの、左京。
美味しすぎでしゅ★

うふふ。それは良かったわ。
じゃあ、また明日もブラッシング頑張ろうね♪


にほんブログ村 うさぎブログへ
頑張る左京にぽちっとお願いします[かわいい]



nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

薬を飲もう! [健康]

ご心配をおかけしている左京ですが、食欲もだいぶ戻ってきて動きも活発になって来ました♪
ペレットはまだ残すけれど、8割がたは食べてくれるようになりましたし(*^-^*)
今までは心配で夜も左京の部屋で一緒に寝ていたのですけれど、昨夜なんかは眠っている私の枕元にやってきて顔を舐めたり、いきなりおなかの上に乗ったり、腕のところでカクカクしようと噛みついてきたり、ヤンチャ坊主復活でした(笑)
なので、油断は大敵だけど、かなり回復しているので、今日からは自分の部屋で眠っても大丈夫かなーと思っています(^-^)

さてさて、そんな左京の治療について。
左京は始めて病院にかかったわけで、私にとっても初めての投薬。巧く上げられなかったらどうしようかとドキドキでした[あせあせ(飛び散る汗)]
今回頂いたお薬は粉薬と、それを飲ませるためのブドウ糖液。
先生はシリンジであげていたのだけれども、抱っこの出来ない私には難問です(>_<)
こういうときに、抱っこの出来ない情けない飼い主であることが悔やまれます。
でもお薬を上げないわけにはいかないし……。
先生はリンゴジュースとか野菜ジュースに混ぜても良いよとおっしゃってくださったので、そちらの方法をとることにしました[たらーっ(汗)]

うーん。

そんなに嫌な顔はしないで☆きっと美味しいよ~。そう言いながら、左京の前に。
薬入り野菜☆
すりおろし人参に粉薬を混ぜてみました。気を紛らわせる為に大好きなセロリの葉っぱも添えて☆
美味しいかもでしゅ♪

食べてくれるかどうか心配でしたが、難なくクリア。美味しそうに平らげてくれました。
いっぱいお口についたでしゅ^^;

すりおろした人参は初めて上げたので、食べ方がちょっと下手だったのか、お口周りがべとべとになっちゃいましたけどね(笑)
それでもちゃんと食べてくれるので、本当に安心しました。
でもこの手は食欲が少しでも戻ったからこそ使える作戦なんですよね。
もし、木曜日の夜のように何も見向きもしない状況だったら、やっぱり強制給餌とかになるんだろうなと思うと、やはり抱っこは出来るようにならないとなぁと、改めて思いました。
左京の体調が全快したら、ストレスをかけないように注意しながら抱っこ練習ガンバリマス!


にほんブログ村 うさぎブログへ
1日1回『ぽちっ』と押していただけると嬉しいです。励みになります♪

nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。